地味に気になる表記されている英語の意味

Tシャツのちょっと危ない(?)魅力

地味に気になる表記されている英語の意味

Tシャツを着る際に注意したい点

Tシャツの着こなし方は男女それぞれに意識してほしい部分こそ異なっていますが、やはり何処と無くこんな点に気をつけたほうが良いという部分が垣間見えるはずだ。自分の好きなブランドを見つけて、シーズンに合わせて発売された商品の中から自分好みのデザインとなっている商品を選んでいくといいでしょう。サイズやカラーにも気をつける必要はありますが、何と言ってもデザインが好きでなければいくら利用頻度が多いブランドといえど、購入までに踏みきれません。

ただTシャツを購入する際、どうしても注意しておきたい事があります。それは、『Tシャツに表記されている文字の意味を理解しているかどうか』だ。ここまでの話でTシャツはアメリカ発のファッションだというのは理解してもらえたはず、デザインに利用されているのも日本語ではなく英語が多く用いられています。ですがその英語、ただ格好いいからという理由で選んでしまうとまずい場合があります。何故なら日本語に意訳したとしても、現地の人にしても、非常に下品でいやらしい言葉である可能性があるからだ。

自分が持っているTシャツの表記されている英語、誰と言われることもなくなんとなく訳してみたらトンデモナカッタ、なんて経験はないでしょうか。男性にしても女性にしても、品のない言葉が綴られた物を好んできていたら怪訝な顔つきをされてしまいます。実際、本当に洒落になっていないような言葉が書かれていることもあるので、実際注意部確認しておきたい点でもある。

具体的な例として

意味不明な内容

表記されている英語の中には意味として通じていない、何を意味しているのか分からない物もあります。例として挙げてみるとこんなところだ。

風呂に入るまでがコンサート

天国は地獄の台所

裏地に英語で書かれたメニュー表

相当キワモノばかりですが、実際にどんな英語で表記されていたかはそこまで把握しきれていないものの、直訳したとしても意としてはあまりに通じない言葉なのは間違いありません。パッと見英語が書かれていてお洒落なのがいいという安直な選び方をしていると、変な意味が記されていることもあるのでそういう点も注意が必要だ。

下品極まりない

表記されている英語の中には下ネタ、とはいえない下品かつ奇天烈な内容のものもある。こちらも調べてみると、とある人がふと持っていたTシャツに書かれている英語の意味を調べてみると、

俺のケツに指全部入れろ

といった意訳が出来るものだったそうです。そんな意味だと知ることもなく、お気に入りだとして道端を歩いていたとあっては恥ずかしくてたまらない。日本人は普段英語を使用する機会はありませんが、これがもし外国の人に見られでもしたら破廉恥だと思われてしまうのは間違いない。逆にその言葉が意味する内容の展開がその人に降りかかってしまう、なんて事にもなりかねません。まさかそこまで、と思うかもしれませんがそういうのがリアルにある世界が外国では展開されているので、日本だからいいようなものだ。

日本語もどうかと思う

英語で表記されていると一々訳さなければならないので、殆どの人は通りすぎてしまうものです。公用語ではあるものの、使用する頻度や英語が苦手な人にしてみれば意味を理解することのほうが時間の無駄と捉えるかもしれません。ですがTシャツに表記されているのが日本語だった場合、否が応でも日本人には意味が通じてしまいます。

日本語で表記されているTシャツプリントにも色々あるが、その中でも実際それを人前で着るのはどうなんだと思わせるケースを紹介していこう。

特定のアーティストがコンサート会場で販売しているもの

メイドインジャパンというロゴがある

欲求不満

このようなTシャツは人前でなく、自室という完全プライベートな空間でこそ着用するものだろう。コンサート会場で販売されているグッズ商品を身近に着るという発想は中々愉快過ぎる。また欲求不満などと暗に良からぬことを連想させるような字が表記されているのも、印象は決して良くはない。Tシャツは確かにアメリカにおいては芸術分野で自己主張をするための道具として用いられていたからといっても、行き過ぎた内容のせいで不評を買った人も少なくないのでは。

逆にそれは辞めたほうが良いと注意されたことがある、という人もきっといるはず。デザイン的に英語がしっくり来ると言うだけで選んでしまったり、衝動で買ってしまったものは時と場合を選んで来たほうがTPOとして適切だという風に落着させておこう。

おもしろTまとめ

中国・モンゴル・インドからシベリア・西欧・北欧まで広く分布して、その高い栄養価と健康効果スーパーフード

↑PAGE TOP