現代ではどのように見られているか

Tシャツのちょっと危ない(?)魅力

現代ではどのように見られているか

異なる片鱗を見せ始めるTシャツ

こうした中で特にTシャツというものがかつてはメッセージ性を伝えるものとして利用されるものだったのに対して、現代では意見を伝えようという人はさほど多くはない。Tシャツに記載されている文字、それを意識して購入している人はいない、かつてはそうだったのかもしれませんが、現代においてそれはただのデザインであり、ファッションとして受け入れられているくらいだ。そのため、購入したTシャツに印字されている英語が何を意味しているのかと調べてみたら、実はトンデモナイ訳だった、なんて経験をした人も多いだろう。

かつてこそTシャツは自分は何者にも縛られない自由の象徴といったように見られていましたが、時代が進む中でTシャツにも新しいシステムが導入されていった。その分野こそファッションであり、更にはアートや音楽といった『芸術的な側面』になります。ファッションについては先に話したような方向性で形が整えられていきましたが、アートや音楽といった面ではどのようにTシャツを活用していったのかを考えてみる。

芸術方面でのTシャツの立ち位置

アート面では

現代アートに連なる歴史はTシャツへと繋がっている、そのように語る専門家もいます。これはモダンアーティストたちによる表現の場が、キャンパスという狭い中でしか描けないという点が何よりも窮屈だったと言われている。ポスターにしても例外ではない、もっと開放的で窮屈すぎない自由さが表現したいと思った時に目をつけられたのがTシャツだ。生身のTシャツは様々な人の視点に目が行くため、自分たちの作品を発表するのにこれほど素晴らしい物はないとさえ言われていたのです。アトリエという作業場で絵を描くよりも、自分達すらも題材にして身に着けているTシャツを使うことで、よりセンセーショナルな作品が生み出せる、そう考えた。

ポップアート』という物を聞いたことがあるだろうか。アメリカの大衆文化を代表する大量生産・大量消費社会をテーマにした芸術運動の1つで、芸術表現の場と認識されるまでにそう時間を要することはありませんでした。やがて自分が考えたオリジナルキャラクターが印刷されたデザインのものを販売していったことで、ポップアートは現代アートとしても結びつく。それは個性的な自分の作品を象徴する唯一無二と言っても良いものなので、自分たちの作品がこれほど浸透するものはないと愛されている。

音楽面において

アートを表現する道具として利用されたTシャツは、カラフルな色合いで様々なデザインのものが製作されていきました。人によって異なるその色合いは見る人によっても変わってくるので、好みがかなり分かれるところ。多様性といえば聞こえは良いでしょうが、悪く言ってしまえば焦点が定まっていない曖昧なもの、といった感じに取られてしまうこともある。

そういう点を考えると、音楽におけるTシャツの印象は実にシンプルかつ限定的なものだ。特にTシャツと音楽とを結びつけるジャンルは『ロック』だ、そしてロックといえばTシャツに用いられるカラーでよりパンクなイメージをもたらしやすいのが黒になります。それまでのミュージシャンは畏まった正装で熱唱する姿が印象的でしたが、かのビートルズもライブの際にはTシャツというラフな格好をしたことにより一気に旋風となって人々の人気を呼び、ロックといえば黒のTシャツといったイメージが定着していった。さらに時代を経ることで骸骨やクロスボーンといった刺激的なデザインが用いられるようになるなど、よりハードな柄が音楽性を高める材料となっていったのです。

日常生活に浸透したTシャツ

やがてTシャツは我々の生活において必要なアイテムとしてその名を欲しいままにしていった。肌着と呼ばれていた衣類がメジャーなアウターとして活用され、夏場などは大活躍するまでになっているのだから、冷静に考えると凄い事と言って良い。また種類の豊富さと数の多さも相まって、どんなデザインが好きかでその人個人の趣味などが垣間見えることも可能だ。

ただかつてほど自分という個を主張するための道具として利用する機会は減り、あくまで『ファッションの一部』といった視点でしか見ていない人がほとんどでしょう。これは特に日本人が多く当てはまります、また日本で着用しているお気に入りのものがアメリカなどの国で着ていたら喧嘩を売っていると誤解された、なんて経験をした人もいるだろう。身につけ方が正しくないと良からぬトラブルを招いてしまうため、自分が持っているものがどういった意味を示しているのかと改めて考察してみる必要性が出てきてしまいます。

それだけ日常生活の中でより浸透しているのだと意味している。

おもしろTまとめ

湯ったりふぉ〜むキャンペーン実施中!給湯器 横浜ではすべての商品は、工事費・処分費などすべて込みの明快価格でご提供いたします。金額が他社よりも高い場合はお気軽にご相談ください。

↑PAGE TOP