男女のTシャツの違いとして

Tシャツのちょっと危ない(?)魅力

男女のTシャツの違いとして

どんな点が違っているのか

Tシャツも以前は男性が身に付けるものでしたが、その後の時代ごとの特徴によって様々な形へと変化していきます。芸術方面でもアートだったり、音楽だったりと、それぞれのシーンで愛好される形はそれはまた別の存在へと化けてしまうほどだ。それだけ多くの人が親しみやすいファッションとなっていったのも頷けるところだが、やはり男性と女性で着用するTシャツの種類とは異なっているものです。

当たり前なことかもしれませんが、男女では着る洋服も違いが出てきます。昔こそその隔たりはあってないようなものでしたが、現代になればなるほど『男性らしさ』・『女性らしさ』といった性別ごとの特徴を重視した洋服のスタイルへと変化していった。そう見ると身に付けられる服の数に関して、女性は古代からさほど変わっていないのに対して、男性はこれまでの歴史から見てもその数は減り続けていると分析もできる。ここまでの違いが生まれてしまったのかと驚くところだが、今はそこまで違いを意識する必要もない。

ではそうした点も踏まえて、男女間のTシャツで違いは何処にあるのかを考えてみよう。

何が一番違うか

サイズ

まず最初に男女間で異なる点として挙げるなら、『サイズ』が一番異なるところだ。ただここでいうところのサイズとは身長という意味合いではなく、男女間で明確に異なる『骨格』という部分が違う点に注目しています。これは生物学上はっきりしている点で、男性の骨格は女性よりも重く、そして太く形成される。個人差はあるものの、男性と女性とではこうした点を意識していなければ衣類として適切なサイズは作れない。

市場で販売されているそれらの商品は、統計学的にまとめ上げた数値から平均した上で販売している。店頭で並んでいる商品が男性用か女性用かで着こなせる人も相応に変わってきます、そのため女性が男性用のTシャツを着る分には問題ありませんが、男性が女性用のTシャツを着るとなった場合には無理が生じてしまうのだ。

近年では日本でも男女の身長差が注目されることはなくなりつつあり、中には男性よりも骨太と言われる女性もいるでしょう。ですがそれでもやはり生物として見た場合では、骨格という点があまりに違っているため、見た目の差異はなくなっていると言っても内部は確実に隔たっている事を理解しよう。販売されているTシャツを始めとした洋服の、男女間の違いとして大きく上げられる点はそこだろう。

全体的なシルエット

次に異なる点としては、『全体的なシルエット』という点も違っている。具体的な違いとして上げると、男性用のTシャツの場合だと一般的に肩幅が広く、それに見合うだけの丈の長さに合わせたストレートな印象だ。対して女性の場合だと肩幅が狭く作られ、丈も短くピッタリと身体にフィットするタイプのものが主流となっています。女性用のTシャツだと全体的にほっそりとした印象を演出してくれるので、ここを理解しているだけでも変わってきます。

こうした違いもやはり先のサイズで話した骨格という違いが関係してくる。ただ近年では男性用のTシャツにも身体にフィットするタイプのものが販売され、細身に見えるシルエットを作り出してくれるタイプの商品が流通している。とはいえ、これも男性の骨格に合わせた商品となっているため、女性が着ているのとは根本とは異なると見ていい点だ。女性用のTシャツも女性ならではの骨格構造を元にして製作されているので、男性が着ようと思っても何処と無く窮屈に感じやすい。

サイズがなければしょうがない

男女間、販売されているTシャツの特徴に関しては上記のような点が挙げられる。そもそも商品として販売されているものを見ればある程度男性向けに作られているか、女性向けに作られているかはおおまかに理解できるはずだ。中には女性向けのサイズを着ている男性も今は普通にいるのでとやかくいう資格もないでしょう。

だが男性もフィットするタイプの服が流行っているとはいえ、求めているサイズが手に入らないといった悩みを抱えている人も多いもの。ここ数年はゆったり着るスタイルよりもピッタリキレイめに着こなすタイプの服が人気を博しているため、好んでいるブランドによってはゆったり系からフィット系へとシフトしてしまった、なんて嘆きの声も何処かであるだろう。人によって好みは違いますが、どうしても自分が欲しいと思っている商品が見つからない場合は、最終的に男性は女性の、女性は男性のTシャツに手を伸ばしてみるのも手だ。その際サイズや全体的なシルエットが大きく違っているので、その点を意識して気にしなければ問題ない。人の目が気になる、という人は少し考えてから自分に似合う服をじっくり探してみた方がいいかもしれません。

おもしろTまとめ

↑PAGE TOP