首周りの種類でかなり変わる

Tシャツのちょっと危ない(?)魅力

首周りの種類でかなり変わる

この部分で好みが変わってくるはず

Tシャツを頻繁に購入することも増えた人も多いでしょう。今となっては持っていない人など1人としていないのではないだろうか、もちろん中には肌着として使用している人もいるので、一概に主要ファッションとして活用していない人がいたとしてもおかしくはありません。ただTシャツ一枚を語るだけで話は大分長くなってしまいます。何故ならどこぞで販売している商品を購入すればいいと、そんな安直に買い物をしている人ばかりではないからだ。筆者もそうだが、Tシャツ一枚購入するだけで店を何軒か渡り歩くことはざらにある。例え欲しいと思っても、自分の好みに即した商品がどこの店舗にいっても無かった場合には、潔く諦めることもするくらいだ。

また同じ店舗で売られている商品の中にも、シャツのカラーやデザイン、さらに使用されている素材などまで吟味していくと選ぶ時間が倍以上になったりもします。そこまでこだわる必要はないのでは、なんて指摘を受けるかもしれませんが、自分が着るのだからこだわって損をすることなど一ミリもない。むしろ変に及第点とばかりに選んだ商品ほど、買った後でほとんど身につけないまま押入れの中で眠り続ける運命となってしまった、なんてことも結構あるだろう。ちなみに店頭で気に入って買ったといっても、中には購入したことを綺麗サッパリ忘れてしまうということもある。

Tシャツ選びとなるとシャツのカラーや素材といった点も気になるところだが、そうした部分はかなり偏った意見に分かれてしまうので一概にこうだとはどうしても言い切れません。ですが1つの点に着目すればどれが好きかという意見は明確だ。それは何処かというと、『Tシャツの首周り部分の種類』のことを指します。

男女での垣根がなくなりつつある

かつてTシャツは男女共通が身に付けるものとしては見られておらず、男性が何かしらの作業をするときに着ていたものとして愛用されていた。それがファッションとしての地位を一定まで引き上げられたところで、様々な種類が登場してくる。中でも革新的に広がったのは首周りの部分だ。まだファッションについてさほど興味がなかった時代においてそこまで注力することもなかったが、段々と知識が増えてくるとTシャツ選びも細かい部分まで見るようになっていくのが普通でしょう。

中でも明暗を分かつといってもいいくらいに好みが分かれるのは、ここで話す首周りのデザインだ。首回りのデザインについて定番のものもありますが、中には女性用として作られた経緯がいつしか男性にも愛用されるまでの人気を博すようになったものもある。現在までの男女共通で人気、Tシャツの首周り意匠でよりメジャーなものは何かを考えてみよう。

首周りの部分のデザイン

ラウンドネック
首の付根に沿うか、首の付根に丸く描かれたネックライン。Tシャツはかなり定番で、下着の中にもこのタイプが一番多く、数あるネック周りの種類の中で一番基本的な形だ。別名『Uネック』と呼ばれてる。
クルーネック
首にピッタリとあった丸い襟ぐりで、名称はかつて船員が着ていたセーターから考えられたものとなっている。こちらの首周りデザインはTシャツもそうだが、セーターやカーディガンなどにも使用されているため、利用頻度の多さでは他の種類とさほど変わりない。
Vネック
そして現在、男女問わずで一番20代から30代までの若者向けTシャツの中でこよなく愛されている首周りのデザインといえば『Vネック』だ。元は女性用のシャツが全ての原点でしたが、男性用にも利用できるようにと応用されて、男性用のTシャツにもVネックが使用されています。

何を着るかで印象が変わる

代表的な首周りの部分を紹介してきましたが、どうしてこんなにも種類が増えたのかというと着用するものによってその人の印象が大分変わってくるためだ。例えばVネックのTシャツを身につけた場合、インナーとして羽織っているもののを見えにくくしてくれる役割がある。また着ることで顔の印象をシャープに見えやすくするという、小顔効果を発揮してくれるのでそういったところを気にしている人ほど着用していたりするものだ。

単純にデザインが好きだから着ている人も当然いるでしょう、それはそれで全く問題はない。ただTシャツ一枚着るだけでも自分に似合うかどうかがくっきりと出てくるので、何種類か着てみないことには自分にはどれが良いのかが分からないと嘆いている人も多少なりともいると思います。同じお店で販売している商品の中には首周りの種類が異なって販売しており、そこから先に話したカラーや素材といった点も込みでどれが一番自分が欲しいと感じたものなのかを考えだしたら、キリがない。それが楽しかったりもするのだが、そう感じない人も当然いるでしょう。

おもしろTまとめ

↑PAGE TOP